2010年08月19日

年齢を問わず自分の情報を1冊に集約できる「エンディングノート<もしもの時に役立つノート>」



コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社:大阪市/社長:森川 卓也)は、日常生活の中で備忘録として活用しながら、入院や相続などのさまざまな「もしもの時」に役立つように、自分の大切な情報を1冊に集約しておくことができる「エンディングノート<もしもの時に役立つノート>」を9月9日に発売します。

2009年6月に当社が発売した自筆証書遺言の作成を支援する「遺言書キット」は、「こんな商品を待っていた」と10代から90代まで幅広い世代のお客様から好評を博しています。一方で、エンディングノートに関して当社が行ったWEBリサーチ(コクヨS&T調べ n=600)から、「遺言書に関心はあるが、まずは自分の情報をまとめるノートが欲しい」「高齢者だけでなく、もう少し若い人でも気軽に書けるエンディングノートが欲しい」といった、30〜40代を中心とした世代からの要望が多数あることがわかりました。
この度発売する「エンディングノート<もしもの時に役立つノート>」は、「もしもの時」は勿論、日常生活でも備忘録として役立つノートです。記入項目は、銀行口座や口座引落し、クレジットカード、保険、重要連絡先、WebサイトIDなど身近なことから、介護、葬儀、お墓、相続までと幅広く、漫画やイラストによる説明を加え、記入しやすさに配慮し、年齢を問わず若い人でも気軽に情報整理を始められるようにしています。
http://www.kokuyo.co.jp/press/2010/08/1068.html
(コクヨプレスリリースより)

++++++++++++++++++++

「遺言書キット」がスマッシュヒットしたコクヨから、新たに「エンディングノート」が発表となりました。「もしもの時」に備えるためとありますが、これ、そもそも自分の現在を棚卸しをするのにすごく有益そうな逸品。ビジネスパーソンなら職務経歴書をまとめることで自分を振り返ることができたりしますが、それも超えた自分の現在そのもの、と見える化してくれる凄いツールなんじゃないかと思えて仕方ないわけです。ちゃんとディスクケースもついてるところがニクい。デジタルとの融合を忘れていないコクヨの姿勢がうかがえたり。

しかしこのノートは思いっきり個人情報のカタマリ。取り扱いは厳重注意を。
posted by takagui at 12:36| Comment(0) | ツウな文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。