2010年09月09日

なんでもスピーカーに早変わりさせてしまうアイテム2点

2010090901.png

ピエラスは、同社のポータブルスピーカー「CANDY MUSIC」の専用ケーブル「POWER BOOSTER」を10月上旬に発売する。価格は1480円。

直径3.7センチの球形をしたCANDY MUSICは、本体カバーを外すと現れる伝導部をドアや箱、紙コップといった振動を伝えやすいものに貼ると、それらをスピーカーとして利用できるアイテム。アンプ回路を搭載したPOWEER BOOSTERと標準ケーブルを取り替えると、より大音量で再生できる。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1009/06/news080.html

もう一つ、こちらも。

2010090902.jpg

エバーグリーンは、同社直販ショップ“上海問屋”で「全方位対応 無指向性振動スピーカー(26W)」(DN-VSP26WB)、「無指向性振動スピーカー(3W)」(DN-VSP03WR)を発売した。価格は26ワット出力モデルが3999円(税込み、以下同)、3ワット出力モデルが2999円(税込み)。

無指向性振動スピーカーは、本体を乗せたものがスピーカーの振動板になり、全方位で音が鳴るというスピーカーユニット。木製テーブルに置けば木が、ガラステーブルに置けばガラスが振動板になるとし、乗せたものに応じて音質の違いが楽しめる。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1009/02/news040.html
(いずれもITMedia記事より)

++++++++++++++++++++

どちらも接したものを振動させ、音を発せさせる商品。特に後者は、例えばプレゼンや会議の際、テーブルから音を発することでプレゼン効果を上げたりできるのでは? と考えれば、プロジェクタの底面なんかに組み込んでも面白い機能なのかも。

あと個人的に有益だと思うのは、面談ブースなどのパーティションに取り付けて、耳障りでない音楽を流すことで会話が漏れ聞こえるのを防ぐサウンドマスキング目的で使用すること。大袈裟な装置も不要でさりげなく、そして費用もさりげない程度で済むし。どうでしょう?
posted by takagui at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。