2011年05月20日

一石二鳥の負担軽減ヘッドホン

20110502.jpg

マクセルから発売されたばかりの骨伝導ヘッドホン「VIBRABONE」。重低音を骨伝導ユニット/中高音域までをスピーカーユニットで担うハイブリッド型のヘッドホン。骨伝導方式だけでは不足する部分を補完するためにスピーカーも内臓、かつそれぞれを個々にボリュームコントロールできるのが新しい逸品。

個人的な注目点としては、たとえば通勤電車で音楽または語学を聴く際、聞き取りにくいからとボリュームを上げて、音漏れで周囲の苦い顔を買うのは嫌なもの。そんな時骨伝導なら音漏れもなく、周囲に迷惑をかけずに済み、そのうえ聞き取りやすいのが最大のメリット。

そして副産物としてもう一つ、骨伝導メインなら鼓膜の疲労も抑えられること。大音量をヘッドホンで聴き続けることによって難聴者が増えているそうですが、その解消にもなる。という周囲にも、本人にも優しい一石二鳥な設計であるわけです。

http://www.maxell.co.jp/jpn/news/2011/news110418.html

以上、週末前ともあり単に個人的に欲しくなったアイテムでありました。
posted by takagui at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。