2011年07月08日

文具の祭典、ISOTは本日まで。

20110708.JPG

今年もアジア最大の文具イベント、ISOT開催中。私も昨日観てまいりました。混雑度は例年なみといったところで、混雑しているブースもあるものの、通路を歩けないといったことはない程度。

個人的な感想としては年々、韓国・中国・台湾メーカーの品質、デザイン力が上がり続けているなぁ、が第一に挙げられます。数年前までは「ムチャ安!」ばかりを全面に出すアジア圏メーカーが多かったものの、最近は日本メーカーにない着眼点で作られたアイデア文具なんかが多く、見ていてハッとするアイテムが増えてきました。特にここ2〜3年、メキメキと商品力が上がってきている気が。日本メーカーとも、アメリカ・ヨーロッパのメーカーともまた違う視点というか。

逆に日本メーカーの商品はかなりニッチ化しているなー、といった印象。リーマン以降、不景気から企業での文具購入が減り、相対的に(会社で買ってくれないから自分で買う、という流れで)コンシューマ向けの店頭売りが伸びている、といった傾向がありますが、それを反映しているかのようなニッチニーズを満たすアイテムが、特に新商品の中には多く見受けられます。文具界でもガラパゴス化へ!? 文具好きとしては嬉しい傾向ですけど。もともとパーソナルアイテムなわけだし。

あとは英語で商談している姿をしょっちゅう見るようになったことも印象的。これも3〜4年前までは中国メーカーブースなら中国語、韓国なら韓国語、って感じでしたが、今回は特にアジア圏の人同士でも英語で話している姿が実に多かった気がします。すべて体感値なのでアテにはなりませんが....

いろいろ面白いアイテムを見つけましたので、それは追ってご紹介を。とにかく本日は最終日。ご興味あるかたは東京ビッグサイトへお急ぎを!
posted by takagui at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。