2011年06月06日

刃先を二重に見直した新カッターナイフ

20110531.jpg

コクヨから、刃に触れる可能性を大幅に削減した安心設計のカッターナイフ「フレーヌ」の登場。
http://www.kokuyo.co.jp/press/2011/05/1155.html

握りやすい丸みを帯びたデザインに、刃を出し入れするスライダーを上部に配するなど、これまでになかったフォルムに仕上がってます。でも、ホントに新しいのはその刃。業界初のフッ素加工された刃先でのりの付きやすさを軽減。さらに従来のまっすぐ鋭角な刃先を見直し、二段階の刃付けで刃こぼれを軽減させることで、切れ味の持続性を確保した逸品なり。

本体形状に凝りなおした新商品は多いものの、消耗パーツの方を改良してくれた頑張り。まだまだ文房具の深さを感じる一品でありました。
posted by takagui at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ツウな文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

電子メモ「ブギーボード」に大型サイズ登場、地味に嬉しい追加機能も

2011060301.jpg

かつてご紹介した「ブギーボード」、従来の8.5インチに加え、新たに10.2インチの大型モデルがラインナップ参加。
http://www.kingjim.co.jp/sp/boogieboard/

なによりその書き味のスムーズさと鮮やかさ、それに手に伝わる感触が紙にはない新感覚を与えてくれる(と個人的に絶賛の)このブギーボード。大型になったこともさることながら、地味に嬉しい追加機能としてスタイラスの収納ホルダーが付いたこと。この機能、持ち運びアイテムには必須に思うので。

もうひとつは電池交換ができるようになったこと。前モデルは50,000回も書き消しできるとはいえ、電池がなくなったら使い捨て、というあまりにも潔い設計でしたが、今度は交換もOK。ただ、単六アルカリという私もこれまで触ったことないような電池ですが....

しかし発売当初は頑固なまでのキングジム製品のシンプル設計が、後にすこし便利になってしまうのは嬉しいような寂しいような。例えば....

デジタル名刺ホルダー/PITREC:「PC連携一切なし!」→のちにPC編集ソフト発表
電子メモ/マメモ:「データ取り出し一切なし!」→SDカード経由でPC取り込み
デジタルメモ/ポメラ:「通信機能は持ってません!」→QRコードでデータ送信(これは面白いアイデアでしたが)

どこかでみかけたらでぜひおためしを。価格は6,980円、プレゼント用途にもぜひ。
posted by takagui at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ツウな文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

組合わせの妙、個人情報保護スタンプに新風

20110530.jpg

マックスから業界初をうたったレターオープナー付、個人情報保護用スタンプ新発売のニュース。
http://www.max-ltd.co.jp/news/n110526.html

ダミーパターンをスタンプすることで、元にあった住所や名前などの個人情報をマスクする個人情報スタンプ。たしかに考えてみれば郵送物の宛名の処分に使われることが圧倒的に多いわけで、ならばレターオープナーとくっつけちゃえ!という一品。

「ごもっとも!」って感じの、こういうコロンブスの卵的な発想って刺激になるなぁ。感心しながらのご紹介でした。
posted by takagui at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ツウな文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

手書きメモをデジタル化、ショットノート新ラインナップ

20110511.jpg

以前もご紹介したキングジムのスマートフォン用メモパッド、「ショットノート」に新たに3つのラインナップが追加、というニュースリリースが。
http://www.kingjim.co.jp/news/release/detail/_id_16462


ご存知ない方のためにご説明。このメモ帳、手書きでさっとメモしたものをiPhoneの専用アプリで撮影すると、四隅を自動判別して台形・サイズ・色を補正、画面ピッタリサイズに。さらに手書きの日付と番号を自動読み取りしてタグ付け、Evernoteへ自動アップしてくれる、というかしこいメモ。

従来はRHODIAっぽいメモパッド型のみでしたが、今回さらにリングタイプ、ルーズリーフタイプ、ふせんタイプが仲間入り。個人的にはリングタイプ嬉しいですね。打ち合わせメモの重要なとこを取り込んでおいたり、という使い方ができそう。

出た当初は読み取り精度の問題から評判もよろしくなかったアプリの方もアップデートしてなかなかの精度に。私は結構うまく使えてます。そして来月にはAndroid用アプリも配布開始とのこと。さらに裾野が拡大していってくれることに期待です。

やっぱりメモは手書き、でも管理はデジタル、って方。ぜひ一度お試しを!
posted by takagui at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ツウな文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

携帯用ハサミもいろいろ

連休明けともあり、まずはコネタにて。
あると便利な携帯型のハサミ、こんな商品ご存知でした?

まずは先日、2色が新たにラインナップされたこちら、クツワの「携帯はさみ」。刃をスライドさせて使用するタイプの中で、一番コンパクトにまとまるのはこの商品。ストラップもつけられます。丸っこいルックスが特徴。定価399円。
2011050201.jpg
http://www.kutsuwa.co.jp/products/view/584

ただ、これだとちょっとズングリ。もっとスリムでペンケースに入ってくれるようなのないかなー、という方にはこちら。サンスター「スティッキール」。
キャップを回すとロックが外れて刃が飛び出す、という回転ロック式。一番のスリム型で、見た目はまさにペンそのもの。定価525円。
          2011050202.jpg
http://www.sun-star-st.jp/sscmssys/dd?DEPLOY_CODE=merchanttab&SK_SERIES_ID=408

ただ、これだと本当にちょっと欲しいときに使える程度で、ちゃんとジョキジョキ切りたいときにはきついんだよなー、という方にはこれ。レイメイ「ペンカット」。
こちらは刃が飛び出すのではなく、ハンドルが飛び出してくる本格派。刃もしっかりしていて、ギミックも魅力的な逸品であります。定価630円。
2011050203.jpg
http://www.raymay.co.jp/school/contents/stationery/pencut/lineup.html

そんなことで、カバンやペンケースのみならず、トラベルバッグや防災持ち出しバッグにもポンと一本。お薦めのハサミラインナップでした。
posted by takagui at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ツウな文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。